住信SBIネット銀行の2経路認証 スマート認証の設定の仕方

2014年11月24日


住信SBIネット銀行に以下のお知らせが表示されるので、スマート認証を利用することにしました。
重要なお知らせ(2014年10月6日更新)

現在、当社WEBサイトを似せた不正画面(偽画面)を表示させ、お客さまのパスワードや認証番号を盗み取る犯罪が報告されています。当社を安全にご利用いただくため、各種セキュリティ対策(無料)をご利用ください。

不正送金やフィッシング対策に、セキュリティソフト「PhishWallプレミアム」をご利用ください
スマートフォンを利用して取引の内容の確認と承認を行う「スマート認証」をご利用ください

スマート認証とは

パソコンとスマートフォンの2経路で取引認証します。
振込や設定変更などWEB取引パスワードを入力するやり取りなどをパソコンだけで完了せず、スマホで確認し、サイトに表示されるパスワードと同じか確認し、同意する事で取引が完了するというものです。

スマート認証の設定の仕方

事前に用意するもの
  • キャッシュカード(裏面の認証番号表)
  • 「スマート認証」アプリ / iTunes / Google Play
手順
「口座情報」「お客さま情報照会・変更」とクリックして移動。



各種設定欄のスマート認証登録状況の「登録」をクリック。



確認事項画面になります。
スマート認証サービス規定を読み、「同意する」をクリック。



本人認証画面になります。
WEB取引パスワードと認証番号表を入力して「次へ」をクリック。



QRコードが表示されます。スマート認証アプリで読み取ると、サイト上に6桁のワンタイムパスワードが表示されます。



その数字をアプリに入力して「送信」をタップ。
(ワンタイムパスワードの有効期限は5分です。過ぎてしまった場合はパスワード右上の「ワンタイムパスワード更新」をクリックしてください)



以上でスマート認証の登録ができました。



スマート認証の出番と使い方についてはこちら
住信SBIネット銀行の2経路認証 スマート認証の使い方
住信SBIネット銀行へ

住信SBIネット銀行
セキュリティ - スマート認証|住信SBIネット銀行


カテゴリ:銀行
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow us in feedly