貯まる一方の小銭に困ったので、ゆうちょ銀行のATMから貯金した話

2017年09月29日


現金で支払う機会はどんどん減っていますが現金のみという場所もあり、現金の出番が少ないからこそお釣りの硬貨が手元に残って困っていました。

1円・5円・10円・50円が増えていく

夫の主な支払い方法はクレジットカードです。現金の出番ももちろんありますがそこまで多くなく、お釣りの小銭が玄関に放置される日々です。
ある程度集まったら500円と100円は山から抜き取って使っているようですが、1円・5円・10円・50円は何年も放置されて増えるばかりです。困ったので「放置されたままなら私が使ってもいいかなー」「いいともー!」というやり取りを経て、ATMから入金する事にしました。

硬貨を取り扱うATMで近所にあるのはゆうちょ銀行

ゆうちょATMでの注意(ゆうちょのキャッシュカードおよび通帳による取扱い)
一回の操作で利用できる金額
  • 預入れ
    • 10円以上200万円以下
    • 紙幣は計200枚、硬貨は計100枚まで
  • 引出し
    • 1円以上100万999円以下
    • 紙幣は1万円札、千円のみ取扱いで計100枚まで。硬貨は1,000円未満の引き出し金額に相当する枚数まで
  • 備考
    • ファミマのゆうちょATMは硬貨は取り扱っていません。
    • 旧500円硬貨は取り扱っていません。
硬貨を取り扱うATMを探すには
郵便局の「郵便局・ATMをさがす」で検索する事ができます。
地図が表示される検索結果から絞り込む場合
検索結果の下、「ATMから選ぶ」をクリックしてタブを切替、「硬貨でのお取扱い」にチェックを入れる。地図には硬貨を取り扱うATMのみ表示されます。



TOPページから検索する場合
画面下にある「利用条件からさがす」欄にある「ATMから選ぶ」をクリックしてタブを切替、「硬貨でのお取扱い」にチェックを入れて「検索」をクリック。都道府県別の店舗リストが表示されるので、都道府県>区市町村と移動して近所のATMをチェック。


預入れしてみての感想

硬貨を投入するのにも、集計にも、取引後にATMが使えるようになるまでも、どれも時間が掛かります。大量に硬貨を持ち込む時は後ろで待つ人の迷惑になるかもしれません。
私は土日の昼過ぎにATMが3台ある郵便局へ行って入金しました。1台は私が独占、1台はパラパラと来る人が使い、1台は常に空いている。そんな感じでした。混み合う時間帯やATMが1台しかない支店を避ける事を心の平穏のためにお勧めします。

ポイント
  • 硬貨が100枚以上あるのなら、100枚以下で小分けしておくと便利。
  • 硬貨投入口は自販機の硬貨投入口の横幅が少し広くなったような感じで、数枚ずつしか投入できません。ある程度時間が経つと扉が閉まってしまうので、時間内に100枚入れられるかを競うゲームだと思うと焦る気持ちが消えて楽しくなってきます。
今回、数年分の硬貨を預け入れた結果、1万円まではいきませんでしたが結構な額になりました。これからは、玄関の小銭入れがある程度貯まったら小まめにゆうちょ銀行に行って預入れしようと思います。
関連サイト・関連記事
郵便局・ATMをさがす - 日本郵政グループ
ゆうちょATMのご案内−ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行の休眠口座を復活させた話


カテゴリ:銀行
ラベル:ゆうちょ銀行 ATM
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow us in feedly
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。